株式会社ATグループ / インナーブランディング

AT Group INNER BRANDING

AT Group INNER BRANDING
CLIENT
株式会社ATグループ / インナーブランディング
PROJECT
愛知トヨタ インナーブランディング伴走支援
SERVICE
インナーブランディング

プロジェクト概要

2023年5月に、ATグループ傘下の販売会社4社が統合し誕生した新生・愛知トヨタ。統合を受けて新たなに策定されたミッション・ビジョン・バリュー(MVV)に対しての社内の共感づくりと一貫したブランドイメージの構築、企業価値向上を目的としたインナーブランディングプロジェクトの伴走をクオーターバックが担当しています。 プロジェクトの伴走にあたっては、毎週の定例mtgの実施、アウターコミュニケーションにおける愛知トヨタの軸づくりなどを行っています。

 

課題

ATグループ傘下の4社を統合する新会社発足に向け、これまでの社風や社内制度も全く異なっていた4社の融合融和の推進が求められていました。 また、「新会社発足にともなって策定されたミッション・ビジョン・バリュー(MVV)を、日頃の業務でどう活用していけばよいか」「約5,000人の社員をひとつにまとめるには」「新生・愛知トヨタらしさとはなんだろう」等、さまざまなお悩みを抱えていました。

アプローチ

ファシリテーターとしてQBが入り、統合新会社のブランディング推進チームと月4回の定例mtgを実施。定例mtgでは、まずチームビルディングを重視しながら、各メンバーが抱えているタスクや既に動いている施策を見える化するなど、現状の整理から行いました。さらに中長期的な視点で、インナーブランディングの3ヵ年計画を立案。また、若手メンバーにブランディングの知識をインストールする方法を検討したり、アウターブランディング施策検討においての判断軸となる社内資料を作成したり等、ブランディング推進チームに伴走する形で様々な課題に一緒に取り組んでいます。

 

担当者の方々からは「QBが隣にいて一緒に考えてくれることが心強い」「毎週の定例mtgが目線を先に向ける良い時間になっている」等の感想をいただいており、目下の課題だけでなく未来を見据えた議論を行いながら、ブランディング(主にインナーブランディング)を推進しています。

 

ATグループさんのインタビュー記事も、ぜひあわせてご覧ください。

【WORKS INTERVIEW #4】「伴走してくれるパートナーがいるから、前進できる(前編)-正解のない時代に合うブランディング支援-」

担当領域

■ブランド開発 ■コミュニケーション戦略 ■クリエイティブ制作 ■インナーブランディング

クレジット